Rss

フィリピン、夜の繁華街(夜遊び)

 

今回は、フィリピンの繁華街(夜遊び)についてご紹介したいと思います。

フィリピンにある有名な夜の繁華街の場所は、アンヘレス、スービック、マニラ(マラテ、マカティ)です。

grey フィリピン、夜の繁華街(夜遊び)



 

アンヘレスへは、マニラから北へバスで約2時間程の距離にあります。

大きな地図で見る

そしてスービックは、マニラから北西へバスで約3時間ほどの距離です。

大きな地図で見る

 

コストパフォーマンスを考えると、夜遊びするならアンヘレスをおすすめします!

アンヘレスには、たくさんのゴーゴーバーがあります。

ただ、女の子の質のばらつきが大きいです。

 

一方、マニラにあるKTVやゴーゴーバーは、料金が高いです。

しかし、女の子の質が高く、そして日本語の話せれる子が多いです!

 

BF(バーファイン)の料金で比較してみると、

アンヘレスのBF:1500ペソ〜3000ペソ

マニラのBF:3000ペソ〜

 

ドリンク代は、そこまで差はない(店によりますが)ので、BFしないのであれば、わざわざアンヘレスまで行かずマニラのゴーゴーバーに行く方が良いと思います。

 

では、それぞれのメリットとデメリットをまとめたいと思います。

アンヘレスのメリット・デメリット

メリット

  • 比較的安い
  • 治安も比較的良い
  • ゴーゴーバーがたくさんある
デメリット
  • マニラから少し距離がある
  • 女の子の質に、かなりばらつきがある
  • 日中に遊ぶ・観光する所があまり無い
  • 日本語話せれる子が少ない
 

マニラのメリット・デメリット

メリット
  • 女の子の質が高い
  • 日本の話せれる子が多い
  • 日中に遊ぶ・観光する所がたくさんある
  • マカティは治安が良い
デメリット
  • 比較的料金が高い
  • 一部の地域(マラテ・エルミタなど)は、治安がとても悪い
 

スービックのメリット・デメリット

メリット
  • ビーチが近いので、日中はマリンスポーツを楽しむ事が出来る
  • 料金は安い(アンヘレスとあまり変わらないぐらい)
デメリット
  • マニラから距離がある
  • 女の子の質が低い
  • 店(ゴーゴーバーなど)が少ない
  • 日本語を話せれる子が少ない
 

まとめてみると、

マニラは、比較的お金に余裕がある人で且つ、英語が喋れない(日本語で話したい)人に向いています。

そして、アンヘレスは、お金に余裕があまり無くて、英語が喋れる人に向いています。

スービックは、ビーチで遊びながらも、夜遊びしたい人に向いています。

photo by: lynhdan

Like This Post? Share It